糖尿病予防や治療に最適な食材の選び方のコツとその理由とは?

糖尿病予防や治療に最適な食材の選び方のコツとその理由とは?

糖尿病予防や治療に最適な食材の選び方のコツとその理由とは?

糖尿病予防や治療に最適な食材の選び方のコツとその理由とは?

 

 

糖尿病の治療において食事療法が重要視される理由は、もちろん肥満を助長させないことも大きな目的の一つです。

 

ですがその他にも、インスリン受容体の感受性にミネラルと総称される栄養素が深く影響していることや、そもそも糖尿病の代名詞と言えるインスリンが必須アミノ酸を用いて合成され、その必須アミノ酸は体内では生成できないため食べ物から継続的に摂取してインスリンの合成を助けるという目的もあるのです。

 

このため「ミネラル」は、糖尿病予防、糖尿病治療に非常に重要な栄養素であると言えます。

 

そこで、糖尿病の治療を意識した食事療法の際に積極的に食べたい食べ物の選び方と、その役割について簡単にご紹介していきたいと思います。

 

 

〇“糖尿病のミネラル”をカバーできる食べ物を選ぶ

 

インスリンを作るために必要なロイシンという必須アミノ酸は、大豆に非常に多く含まれていて、他にもかつお節や高野豆腐、しらす干しやきな粉、干しのりなどにも含まれています。

 

また近年の研究によって、体内で「亜鉛」が不足していると肝臓でインスリンの分解が促進されてしまい、それが2型糖尿病を発症させる要因になるということが分かりました。

 

しかし、亜鉛は体内に蓄えておくことがとても難しい栄養素であることも知られています。

 

このため、食事の度に意識的に補充する必要があり、特に含有量が多い食材としてはするめやホヤ、カキなどがあるのですが、その他にも牛ヒレ肉、牛バラ肉、小麦麦芽、卵黄、色の黒いソバ、大豆やゴマ、カシューナッツやアーモンド、ビール酵母などにも含まれています。

 

ビール酵母と聞くと、やはり一番に飲み物のビールを思い浮かべる方も多いかと思いますが、サプリメントや粉末状のビール酵母というものも販売されているので、お菓子作りや普段の料理に使うこともできるのです。

 

ビール酵母は、必須アミノ酸9種類を含めた18種類のアミノ酸を含んでいて、ビール酵母の約50%がアミノ酸で出来ているため、不足しがちなアミノ酸の摂取方法として、注目を集めている一つと言えます。

 

また、肉の赤身や魚、大豆に含まれるたんぱく質や亜鉛は「糖尿病のミネラル」と呼ばれていて不足するとインスリンの分泌量が減少してしまうため、食事の献立を考える際にはこれらを含んだ食材をバランス良く取り入れられるような選び方をしたいところです。

 

 

 

 

糖尿病予防や治療に最適な食材の選び方のコツとその理由とは?

 

 

 

〇糖尿病の改善や予防に効果がある食べ物とは?

 

ここからは、ミネラルやビタミンを含む食べ物を詳しくご紹介したいと思います。

 

まず、クロムというミネラルは糖質代謝やコレステロール代謝などの維持に関係していて、体内量が少なくなるとインスリン受容体の感受性を下げ、糖尿病を発生させやすくなると考えらえています。

 

ですが、普段の食生活において魚介類や穀物、海藻などをきちんと食べることができていれば十分な量が補えているとも言われています。

 

もし、普段の食生活においてそれらが不足しているなと感じられた方は、そばに多く含まれているのを筆頭にサトイモやたけのこ、小麦胚芽や切り干し大根、丸干しイワシや干しひじき、玄米などに多く含まれているので積極的に食べるよう意識してみるといいと思います。

 

また、マグネシウムはインスリン受容体の感受性を良くしてくれます。

 

しかし、現代人では誰もが受け続けている“ストレス”によって失われやすい性質のため、普段から「ストレスが多いな」と感じている人は乾燥あおさや素干しわかめ、ひじきやしらす干し、豆味噌や油揚げ、納豆、丸干しイワシやあさり、干しエビやとろろこんぶなどに多く含まれているので、食事の際に積極的に取り入れる工夫をすることがおすすめです。

 

また糖尿病の患者さんは、尿中にカリウムやマンガンが排出されやすくなるため、意識的に摂取することが重要となります。

 

カリウムは体内量が不足すると、高血圧や不整脈、心不全といった循環器症状や、筋力低下やしびれなどの異常を起こしやすくなったり、吐き気や便秘などの消化器症状も起こりやすくなります。

 

またマンガンは、糖質代謝やたんぱく質代謝に関係したり、インスリンの合成にも重要な役割を果たすミネラルと言われているため、どちらも体内量が減少してしまうことは糖尿病の治療や改善に大きく影響するのです。

 

カリウムは、乾燥昆布や乾燥ひじき、素干しわかめやとろろ昆布などに多く含まれている他、納豆や山芋、里芋、切り干し大根や焼きあじ、かぼちゃ、カリフラワー、小松菜や春菊、ニンニク、ビール酵母などに多く含まれています。

 

マンガンは、乾燥あおさや乾燥のり、しょうがなどに特に多く含まれていて、その他には干しエビ、油揚げや玄米、めざしやしじみ、乾燥きくらげやくるみなどに多く含まれています。

 

人の体内における抗酸化反応に重要な役割を担っているセレンは、活性酸素が細胞を攻撃するのを防いで、インスリン受容体の感受性の低下を防いだり、改善することに効果を示すといわれています。

 

またセレンと共にビタミンEも抗酸化作用を持っているので、意識して摂取したい栄養素です。

 

しかし、セレンについては必要とされる量と中毒量との差がとても小さいという点に注意が必要でもあります。

 

セレンについては、魚介類や海藻類、肉類や卵黄などに多く含まれているので偏りのない食生活を送っていれば不足することはないようです。

 

ビタミンEは、あんこうの肝やすじこ、いくらや明太子、大根の葉やカボチャ、アーモンド、コーン油やなたね油などに多く含まれています。

 

また、風邪予防やお肌にも大きな効果を示すことで知られているビタミンCは、近年の研究で膵臓のβ細胞を増殖させる働きがあり、その結果インスリンの生成量が増加するため糖尿病の治療に大きな効果をもたらすということが分かりました。

 

2000年からは成人の一日の所要量が50〜60rから100rと倍に改定されたように、人にとってビタミンCはとても重要な栄養素であることは明らかなのですが、ビタミンCの問題点として、日々のストレスやタバコ・飲酒などの生活習慣によって容易に壊れやすいということが挙げられます。

 

このため、できるだけ1日3回に分けて積極的に摂取することが望ましいと言われています。

 

ビタミンCは、たくさんの野菜や果物に多く含まれているためそれらを積極的に食べることが一番大切なのですが、それだけでなくサプリメントやビタミンCを集中的に補充できる飲料などを積極的に飲んだりして、意識的に取りたい栄養素であるといえます。

 

ここまで、糖尿病の予防や治療について意識的に取りたい栄養素とその食材についてたくさんご紹介してきましたが、そもそもビタミンは“相互に関連しあって働く”性質が高い栄養素なので、一つの栄養素だけを意識した食材やサプリメントを取るのではなく、複数のビタミンを含む万能な食材やサプリメントを取り入れる方が、より効率良く糖尿病に効果的な栄養素を摂取できるでしょう。

 

以下のサプリメントは、10種類の食品由来のビタミンが1粒でとれるので、ビタミンが不足しがちな方にはとてもおすすめです。

 

 

やわた『体にうれしいマルチビタミン』

 

 

糖尿病予防や治療に最適な食材の選び方のコツとその理由とは?

 

 

 

 

 

 

日々の積み重ねで糖尿病を治す!体に良い食べ物を意識しよう

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ