警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

 

 

糖尿病の病期に関係なく、対策として飲み物に気を付けるならばやはり一番は「糖質が含まれていない」という点に一番気を付けるべきでしょう。

 

その上で、糖尿病という病気を悪化させないために“取った方が良い”と言われている栄養素を含んでいるものを積極的に飲むというような対策を取り入れて言った方がいいです。

 

今回は、「糖質の少ない飲み物を意識する」という対策の仕方について、お話していきます。

 

 

 

○外で飲む飲み物には要注意!特に清涼飲料水は飲みすぎ厳禁!!

 

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

 

まず、普段飲んでいる飲み物に多量にお砂糖を入れていると言う人や、甘い飲み物が頻繁に飲みたくなって飲んでいるという方は今からでもすぐにやめましょう。

 

コーヒーや紅茶などはカフェインやポリフェノールが含まれるものが多いので、糖尿病対策に習慣的に飲むことはとても良いことです。

 

その際、自宅で手入れする分については自分で砂糖を入れる量を調整できますし、どうしても甘みがないと飲めない、気分転換にコーヒー紅茶は止められない!という方は、人工甘味料やそれに変わるものを代用することができるので気を付けるといいでしょう。

 

一番気を付けたいのは、外出先などで既製品を飲む場合です。

 

微糖と書かれているからと安心して1日に何本も飲んだり、午後の紅茶500mlを一気に飲んでしまうという方は、膨大な量の砂糖摂取とインスリン分泌がされているということを常に意識しておきましょう。

 

 

 

○人工甘味料は糖尿病患者の味方なのか?

 

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

 

ここで一つ気になるのが、“人工甘味料”と呼ばれる砂糖代替品です。

 

厚生省にも認められているので一見安全な甘味料のように思われます。

 

人工甘味料の成分は、ヒトの消化管で消化・吸収が出来ないので血糖値には直接影響はしないということで、以前は「人工甘味料であればカロリーが少なく血糖値も上昇しない、したがって“インスリンも分泌されない”」という認識で一般化し、「これなら大丈夫」と糖尿病患者さんのなかでもこれに頼っていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

これについては、一時期「人工甘味料でもインスリンが分泌される」といった論文を日本の週刊誌が取り上げたことで「そうなのか?!」とにわかに騒がれていたようですが、実際にはこの論文が経口摂取での実験結果ではなく、経口摂取ではほとんど反応しないということが日本の医師によって解説されたようで、これにて一件落着になっているようです。

 

ですが、人が糖質の量に関係なく常に分泌しているインスリン基礎分泌量というものが、この人工甘味料の習慣摂取によって増量するということは分かっているようなので、その点は知識として記憶に留めておく必要はあるかもしれません。

 

またさらに気になる情報として、人工甘味料が含まれる飲料を習慣的に飲んでいる人は腸内細菌の構成に変化が出てきて、それが血糖値の上がりやすさに関わっている可能性があるという研究が発表されているようです。

 

これについてはまだ可能性ということで詳細については明確な根拠が得られていないようなので、その点の詳しい解明についても今後の動向に注目していきたいところです。

 

ここまでの結論からいうと、血糖値を上げないからと安心して多量に摂取するのではなく、人工甘味料が含まれている清涼飲料水の過剰摂取には気を付けよう…というところでしょうか。

 

 

 

○希少糖や糖アルコールを代用するのも一つの対策方法

 

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

 

では、人工甘味料以外で砂糖の代用ができるものは他にないのでしょうか。

 

天然のでんぷんから作られる希少糖のD-プシコースは、食後血糖値の上昇抑制や脂肪蓄積抑制作用といった糖尿病予防、ダイエット効果、アンチエイジング効果などがあると近年注目されており、カロリーゼロで血糖値も上昇させない糖分として知られています。

 

ですが、まだまだこの希少糖は超大量生産が難しく、価格もそれなりだったり手に入れにくい部分もまだあるため、今後の発展に期待したいところです。

 

キシリトールやエリスリトールは、人工甘味料ではなく糖アルコールに分類され天然にも存在する糖質で人工甘味料のような問題もなく、安全性が確立されている糖質甘味料となっています。

 

特にエリスリトールは糖アルコールのなかでも唯一血糖値を上げず、安全性も高いので優秀であると言われています。

 

糖アルコールも、人工甘味料と同じく胃や腸で消化・吸収されにくい特性を持っているため低カロリーとなっているので、こちらを使用するのもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

○禁酒がストレス…そんな方に朗報!糖質の低いお酒で気分転換しよう

 

糖尿病を指摘されてからというもの、糖質を気にしてアルコールを控えている、そしてストレスが…という方も少なくないかもしれません。

 

しかし、ストレスを感じて活性酸素の産生が増加してしまうと、それはそれで糖尿病の病状悪化を招いてしまう危険があるので、なんとか対策を立てたいところですよね。
そんな方は飲むお酒の種類を変えることで対策になります。

 

最も有名であるのが、ウイスキーが糖質0%ということではないでしょうか。

 

ですが、私もそうなのですがなかなかクセも強いので苦手だという方も少なくないのではないかと思います。

 

そんな方にお伝えしたいのが、糖質0%のお酒はウイスキーだけじゃないですよ!ということです。

 

そこで、ウイスキー以外の低糖質なお酒をいくつかご紹介したいと思います。

 

まずは、ジンです。

 

女性なら、ジントニックなどのカクテルが身近でしょうか。

 

このトニックを糖質ゼロのものにしたり、ジンにライムを搾るだけで飲んだりすると、糖質対策で安心してお酒が飲めます。

 

 

 

 

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

 

 

次はウォッカです。

 

モスコミュールなどに使われるお酒ですが、ジンジャーエールを糖質ゼロのものにすると安心して飲む事ができます。

 

 

 

 

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

 

さらに、焼酎もイケるよという方は“甲類”のものを選ぶと糖質0%で楽しめます。

 

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

 

 

そのほか、ワインも赤ワインはグラス一杯であれば1.5gと低め、白ワインも一杯2.0gほどと、ビールなどの他のお酒に比べると低糖質なアルコールとなっているようです。

 

警告!!糖尿病対策のために飲み物で注意すべきポイントとは?

 

 

「酒は百薬の長」と言われるくらいですから、気を付けるべき点にはしっかり注意して適度に楽しめば、体に良い事もたくさんあります。

 

一度糖尿病と診断されてしまうと、ほどんどの場合が死ぬまで付き合うことになる病気です。

 

なので、無理や我慢をし過ぎることなく抑えるべきポイントはしっかり抑えながら、治療と向き合っていける方法を見つけることも大切だと思います。

 

 

 

〇おすすめの糖尿病の治療マニュアル

 

おすすめの糖尿病の治療方法について以下に紹介しています。

 

よかったら参考にしてみてくださいね!

 

(ランキングは私個人のおすすめ度を表しています)

 

 

フリースタイル糖尿体質改善プログラム

 

フリースタイル糖尿体質改善プログラム

 

フリースタイル糖尿体質改善プログラム

 

 

藤城式糖尿病食事療法

 

藤城式糖尿病食事療法

 

藤城式糖尿病克服法

 

 

メディカルイーティング(糖尿病篇)レビュー!評判・口コミ・評価

 

メディカルイーティング(糖尿病篇)レビュー!評判・口コミ・評価

 

メディカルイーティング(糖尿病篇)レビュー!評判・口コミ・評価

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ