糖尿病を改善できる飲み物がある?!水素水の脅威のパワーとは

糖尿病を改善できる飲み物がある?!水素水の脅威のパワーとは

糖尿病を改善できる飲み物がある?!水素水の脅威のパワーとは

糖尿病を改善できる飲み物がある?!水素水の脅威のパワーとは

 

 

 

現在糖尿病と診断されて様々な治療を行われている方も、予備軍と診断されて本格的な糖尿病への移行を予防されているという方も、現状を改善するために日頃から気を付けられることがあるならば、是非取り入れていきたいところですよね。

 

<普段の飲み物で糖尿病を改善したい!改善効果の高いおすすめのお茶とは>の記事では、糖尿病の予防・改善に特化して開発された商品のお茶についていくつかご紹介しましたが、何もこれらばかりが糖尿病の予防・改善に必要な飲み物というわけではありません。

 

最近では、より糖尿病の予防や改善に効果を示すことが期待されている飲み物も分かってきているようですので、それについて詳しくご紹介したいと思います。

 

 

○糖尿病の症状・多飲多尿を緩和するためには水が一番!

 

水素水

 

糖尿病を発症すると、その症状の一つとして多飲・多尿が起こるようになります。

 

これは、血糖値が高くなることで喉が異常に乾いてしまい、常に飲み物が飲みたくなる→水分の取りすぎで頻尿傾向になるという原理です。

 

この「血中に糖が多い」という状況を改善するために一番適している飲み物はというと、やはり糖分や塩分といった余分な成分が含まれていない「お水」といえるのではないかと思います。

 

ミネラルウォーターなどのお水は、カロリーも糖質もゼロなのでいくらでも安心して飲むことができますよね。

 

しかし、ここで気を付けなければいけないのが“一度に大量を飲む”ことや、“一気飲み”をしないということです。

 

いくら血糖を薄めることができるといっても、体内に短時間のうちに一気に水分を取り入れてしまうと、肝心の血糖を薄めるという効果を得る前に、すべて尿として排泄されてしまうからです。

 

このため、水分を取るときは“こまめに”、“少しずつ”飲むよう心掛けることが大切になります。

 

 

○糖尿病の悪化にも影響を及ぼす活性酸素とは?

 

糖尿病を改善できる飲み物がある?!水素水の脅威のパワーとは

 

私たち人間が日頃生活している中では、体内のあらゆる細胞が活動する際、常に“酸素”が使われています。

 

そしてその代謝産物のひとつに、“活性酸素”というものが作られています。

 

活性酸素と聞くと、老化や細胞の損傷などマイナスなイメージを持っているという方も多いのではないかと思うのですが、実際にはこの活性酸素にも腸内細菌と同じように、「善玉」と「悪玉」があるようです。

 

善玉の活性酸素は、スーパーオキシド等と呼ばれていて体の外部から侵入する細菌やカビ、微生物などを殺菌・除菌する働きを持っていて、神経伝達や血管の新生、免疫力アップといった生命維持に欠かせないものとなっています。

 

一方の悪玉と言われる活性酸素はヒドロキシラジカル等と呼ばれ、非常に強い酸化力で細胞などを酸化させて損傷を与え、体そのものを酸化、つまり老化させ、病気などをも促進させる非常に良くない働きをするものです。

 

そしてこの悪玉活性酸素の細胞への攻撃力は、かなり強力であるということが分かっています。

 

そのため、活性酸素の細胞の攻撃は例に漏れることなく「インスリン受容体」にも適応され、受容体の“感受性”を悪くしてしまう作用があるということなのです。

 

 

○活性酸素には水素水!糖尿病も老化も病気も予防できる優れモノ?!

 

糖尿病を改善できる飲み物がある?!水素水の脅威のパワーとは

 

しかし最近では、この非常に劣悪な悪玉活性酸素に対して、日頃の飲み物を意識することでかなりの改善効果を期待できるということが新たに分かってきたようです。

 

それが、「水素水」です。

 

生物が生きていく上で産生が回避できない活性酸素に対して、抗酸化力のある食材を積極的に取り入れるというお話はこのサイトでも何度かお話させてもらいましたが、食材で対処するよりもより効率的であるのが、この水素水ということなのです。

 

なぜそこまで水素が推されているかというと、他の抗酸化作用のある食材については善玉の活性酸素にも反応し、体に必要な活性酸素も減少させてしまったり、消化吸収された後には老廃物が発生して、これがまた酸化につながってしまうという問題点があるためです。

 

その点水素は、善玉活性酸素には反応することなく悪玉の活性酸素にのみ反応して全く無害な水(H2O)に変えてくれるのです。

 

また最も大きな水素のメリットとして、他の抗酸化作用のある栄養素が「分子」であるため細胞構造が大きく脳などの細胞膜に入っていくことが出来ないのに対し、水素は「原子」であるためそのような細胞膜にも入っていくことができるため、脳細胞の損傷にも効果を発揮することができるということが挙げられています。

 

さらに、水素は水溶性でも脂溶性でもあるため、脂質の細胞膜をも通り抜けることができ、細胞内にも入ることができるので、体中隅々の細胞にまでその効果を期待することができるというかなりの優れものと言えるようです。

 

最近では「水素水」そのものが商品として販売され、手軽に購入できるようになっていますよね。

 

活性酸素は、起床時や運動後、さらに喫煙後や会議後などのストレスを感じた時に大量に発生するといわれています。

 

ですので、糖尿病治療中の水分補給としてただミネラルウォーターを飲むのではなく、これらの後といった適切なタイミングで、1日1リットルを目安にこまめに水素水を取り入れるというのも糖尿病改善に大きな効果をもたらしてくれるのではないかと思います。

 

是非毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

なお、以下の水素水は濃度が高くておすすめですよ。

 

 

 

水素の濃さが違う!スチール缶高濃度水素水 ふじおやまの恵み

 

 

 

YouTubeにいくつか動画があったので載せておきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水素の濃さが違う!スチール缶高濃度水素水 ふじおやまの恵み

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ